徒然なる日日

プロフィール

ソウ

  • Author:ソウ
  • 愛知に住む専業主婦です。
    2014年に生まれた娘に
    振り回されつつ癒される日々(*^ ^*)


    2010年ごろいきなりはまった
    嵐さんに今もはまりつづけてます。
    大野くんの歌とダンスとお芝居が大好き。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 日日の思いをつらつらと。  コメントもお気軽に。

出産の記録

Mon.18.08.2014
2 comments


8月17日の21:48、3260gの女の子を出産しました!

その日はちょっと抱いただけで私は部屋で、赤ちゃんは新生児室で休み。

翌日(今日)の昼前から同室でいろいろお世話をしていく予定だったのですが、
赤ちゃんが羊水をたくさん飲んでしまっていたようで激しく吐いてしまい、今は抗生剤?を点滴してもらっていて。
私も少し熱があったのもあり、今日はまだ別々でゆっくり休んでーということになりました。

なので今のうちに忘れないように出産の記録を。






予定日を過ぎても全然陣痛が来ず、
ちゃんとした焼肉にも行き、オロナミンCも飲み(笑)
お散歩もたくさんしたんですが…

結局痛みも破水も出血もないまま、
41週6日という、42週目前で入院しました。

8:30に産院に入り、さっそく陣痛促進剤を使います。

まずは飲み薬から。
1時間に1錠ずつ飲んでいきます。
3錠くらい飲んだところでじわじわと痛みが。
でもまだまだ弱いです。
6錠全部飲み(1日6錠までしか飲めないそうです)
そこからは点滴で促進剤を入れていきます。


このとき15時くらい。
ここから痛みがかなり強くなってきました。
間隔が10分から7分、5分、3分と短くなってきます。


陣痛の痛みってどんななんだろうと思ってたんですが、
強い腹痛としかいいようがない(^_^;)

とにかく痛いので、息を吐いて逃がしてと言われるけどたまに力が入ってしまったり。

うーん、うーん、いたーい、いたいよーと言いながら、旦那さんに手を握ってもらっていました。
旦那さんは「痛いねー痛いね~でもこれはいい痛みだからねー」
とずっと言ってました(笑)

途中、促進剤の副作用なのか急に気持ち悪くなって、お昼に食べたものを全部吐いてしまったんですが、痛い上に気持ち悪くて点滴も刺さってて…
旦那さんがサポートしてくれなかったらしんどかったです(>_<)

痛みに耐えるのもひとりだったらもっと辛かったと思うし、旦那さんが休みの日でほんとよかった…
途中で両親も来てくれました。


その後また吐いて;
痛みの間隔も強くなり、どうやら出血もしたみたい…

先生の内診があり、さっき4センチだった子宮口が8センチくらいまで広がってきてるので、もうお産しましょう!と。

私は「あーやっと産めるんだーこの痛みからあと少しで解放されるんだー」とちょっとほっとしたんですが、ここからが長かった…(T_T)



確か20時くらいから始めたんだと思います。

旦那さんと両親は外で待機。
旦那さんは立ち会う?と聞かれたけどもう痛みでどうでもよく(^_^;)なってたので「どっちでも」とか言ってました(笑)
なので結局中には入らず。

実際始まったら必死すぎて、旦那さんがいないほうが集中できてよかったと思いました(^_^;)

先生がぐいぐい子宮口に手をつっこんで、痛みが来たらいきむ。
私は何度かいきめばもう数十分で産まれるんだろうと思っていたんですが、甘かった。

いきんで赤ちゃんが少し下がってはまたちょっと上に戻るらしく;
ほんとにちょっとずつちょっとずつ下がってくるので、何度も何度もいきむ。

先が見えなくて、いつまで続くのー!と頭の中で叫んでました。

いきむ、というのはほんとに大便(汚くてすみません;)を出す感覚でした。
お尻のほうに力を入れる感じ。
それを全力でやるという。

私は身長が小さいので、ベッドの足を踏ん張る台や手で握るハンドルの位置が遠くて;
結局先生に自分の膝を掴んでいきもう!と言われました(笑)


何度も続けてかなり疲れてきて、先生もちょっと休もうか、いきめたらいきんで、と言ってくれたんですが
私はとにかく早くこの痛みから解放されたくて、痛みがきたら逃がすのがもったいなくて必死でいきみました。

そしてようやく、ようやくもう行けそうだ、となったところで院長先生登場。
今まで見てくれてた先生(女性の先生です)が上に回り、私の斜めからお腹を押します。
院長先生は会陰切開をし、どうやら吸引?分娩をしてくれたようです。

もう出る、もう出るよ!最後は自分でいきんで!と言われ、必死にいきむもなんだか力が入らない。
なんとかがんばって、よし、ゆっくり息吐いてーと言われて長く息を吐いている途中で、するん、と赤ちゃんが出てきてくれた感覚がありました。


先生たちの第一声は「大きいねー」でした。
出てきてすぐにうぇっ、うぇっと泣き始めました。
それから私が胎盤を出したり会陰縫合されてる間もずーっと泣いていて、
先生も「よく泣くねーすごい元気だね」と言ってました。

私はというと、赤ちゃんが生まれた瞬間感動して泣くのかもと思っていたんですが、
実際は「終わった…ほっとした…」が最大の感想(^_^;)
想像していたよりもずっと痛くてずっと辛くてずっと大変だったので、
正直早く終わって!としか思えませんでした。


でも胎盤を出されたりしながら、横で身体を洗われてきれいにしてもらっている我が子を見たら、自然とうれしくてにこにこしてしまいました。
すごい泣いてたけど。


その後2時間分娩室で休んで、私は部屋に、赤ちゃんは新生児室に行く前に初めて赤ちゃんに触れることができました。

頭の重さや小ささがほんとにかわいくて。
ほっぺたはぷるぷるでやわやわで、鼻はぺたんこで。
私たちの子なんだなあ…と実感できるほど長く触れられず、今も点滴のためにまだしっかり抱っこできていないので(T_T)

早くしっかり抱っこしてあげたいです。

さっき新生児室に見に行ったときにまたちょっと吐いちゃってた…がんばれ~





そんな私の出産でした。

産む痛みがどういうものなのか興味がある、なんて余裕ぶっこいた発言をしてましたが、
予想してたよりもはるかに大変!
私は結局、本格的に痛みが来てから7時間くらいで産まれたので安産だったほうなんだと思います。
これがさらに何時間も続いたらと思うとぞっとします。
2人目もほしいと思ってましたが、ちょっと考えようかな…と思ってしまったくらい。

今も下腹部と会陰の傷が痛くて。
出産後も地味にキツイ;
まだ赤ちゃんのお世話をはじめてないのにー

これからはもっと大変ですね。
とりあえずは母子ともに無事でよかったです。

長々とお付き合いありがとうございました!






« かわゆい | home | 産まれました… »

comment
>かんこさん
ありがとうございます〜!
なんとか無事に出産することができました。
傷の痛みはゆっくりですがおさまってきています(*^ ^*)

旦那さんはなんというか、あんまり感情の波がない人なので(^_^;)
でも落ち着いてくれていて助かりました。

これからがもっと大変だと思うのでがんばります!

かんこさんも畑のお仕事で外に出られることが多いでしょうから暑さには気をつけてくださいね!
おめでとうございます
こんにちは、ソウさん体調はいかがですか、
やっぱり出産後、そこは痛むのですね・・・
どうかお大事に、娘さんも早く落ち着かれて、
ママと過ごせますように。
旦那さんの励ましが落ち着いていて、どういう方なのだろう、
大物だ・・・と思いつつ、
出産痛そう、でも達成感がある感じで、
力んだりほっとしたりして日記を読ませていただきました。
お疲れ様でした、残暑厳しい時季なので、どうかどうかお大事に!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する