徒然なる日日

プロフィール

ソウ

  • Author:ソウ
  • 愛知に住む専業主婦です。
    2014年に生まれた娘に
    振り回されつつ癒される日々(*^ ^*)


    2010年ごろいきなりはまった
    嵐さんに今もはまりつづけてます。
    大野くんの歌とダンスとお芝居が大好き。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 日日の思いをつらつらと。  コメントもお気軽に。

見てきました

Wed.12.07.2017
0 comments



イオンシネマで1100円で見られる月曜日に、
見てきました、映画「忍びの国」!

前々からお願いしていた通り、両親にぽんちゃんと遊んでてもらって。感謝!



映画館で映画を見たのはとっても久しぶりだったのですが、始まる前の映画の宣伝、あんな長かったでしたっけ…?;
上映開始時刻よりちょっと遅れていってもいいなあ。

端の方の2人分の席だけ並んでるところにしたら、ラッキーなことに隣は誰も来なくて。
ゆったり落ち着いて見られました。





そして映画、忍びの国ですが。

前半、大野くん演じる無門はやる気がなくて軽くて、
まわりの俳優さんたちの勢いや迫力がすごいのでなんだか目立たないな、主役なのにな~
と思っていました。

しかし後半の巻き返し!
やっぱり大野くんの真骨頂はシリアスにあり!だと思う!


忍者(伊賀)と侍(織田軍)の戦いを描いた映画ですが、
忍者は人にあらず、っていうことがテーマのようでした。
人を人とも思わない、金さえもらえれば、ついさっきまで味方だった相手も殺す…

最初のコミカルな感じとは打って変わって、
ラストはちょっと切なかったです。
というかショックだった(泣)
今までいろいろ忍びの国の番宣を見てきて、
「戦国エンタテインメント」と銘打っていたので、
戦いに勝ってよっしゃー!で終わる…んだと(T-T)
まさかあんなことになるなんて。
ほんとショックで、とても無門の気持ちを考えました。
終わった後も後ひいてしまって。
前半とのギャップもあってよけいに効いたのかも。
もう一度見たいな…でももう映画館では見れないな;
DVDを待ちましょう…


2人で戦う場面の大野くんと鈴木亮平くんはすごかったですよ!
大げさなジャンプなんかのワイヤーアクションの場面も多かったけど、こういう本気の殺陣とのギャップがここでも。
監督の狙いなんだろうな~

ここから無門が変わるのが、不自然じゃなく伝わってきたのは大野くんの表情がすごくよかったからかな。
この場面の顔がすごく頭に残っている。
うーん、もう一度見たい。




そんなこんなな「忍びの国」鑑賞でした!
ぽんちゃんは本屋さんやらトイザらスやらで遊びまくっていたらしい(笑)


そして昨日の火曜日は妹と名古屋駅のゲートタワーへ。
ちょっとだけ買い物もできました。
(服屋さんや雑貨屋さん見てると、ぽんちゃんの「もういくーもういくー!」攻撃がすごいので全然ゆっくり見れない;)

ダウニーカフェでお昼ご飯しました。
ハンバーガーもパンケーキもすっごくおいしかった!
空いてたし、店員さんも感じよくて久しぶりに外食で大満足♪( ´▽`)

その後ぽんちゃんが寝てしまったので、妹とバイバイして電車へ。
しかしよく寝てて最寄り駅でも起きる気配なし…
じゃあもう少し寝させてあげようと、そのまま終点まで乗りました。
終点で電車降りたら一度目を覚ましたけど、だっこしたらまた寝て(^_^;)
折り返しの電車でもずっと寝てました(笑)
いまだに3時間くらい昼寝することもある、よく寝る子です。夜は遅いけど;



ではではこのへんで!
ようやく子供乗せつきの自転車買いました!電動!
これに乗っていろいろ行くぞー




« お出かけ記録 | home | 歯医者と指 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する